県革新懇ニュース−わがまちの革新懇

【08.08.10】江南革新の会 一周年を迎え飛躍の年に!

組織を大きく、運動のひろがりをつくろう!

  昨年革新・愛知の会の援助を受けて発足し1年を迎えました。現在、会員団体3、個人27名、全国革新ニュース読者10名の小さな組織です。

 これまで、平和の課題では、「憲法9条を守れ」の駅頭やスーパー前の宣伝および署名行動を「9条の会」の人たちと一緒に3回取り組みました。 諸要求の実現の課題では、保育園の民営化阻止、養護老人ホームの民営化阻止の運動に取り組むと同時に、民商、年金者組合、新婦人などの要求をまとめ、はじめて市交渉を行いました。

 学習会は、「後期高齢者医療制度」問題と「憲法改悪」と「教育改革」の問題で2回持ちました。

 今年は2年目に入って、昨年度の反省をふまえつつ、組織を大きくする点でも、運動の広がりをつくる上でも工夫をしながら前進をはかりたいと思っています。

 計画しているのは、
(1)8月6日のスーパ前宣伝署名行動…原爆パネルを展示、1時間ほど。
(2)9月9日全県一斉宣伝行動にあわせて駅頭宣伝
(3)11月の予算編成期に向け市交渉の準備…加盟団体・個人の要求をアンケートで把握し練り上げて革新・江南の会の要求として市に提出し実現を図っていく。
(4)11月に憲法で学習会を持つ…イラク派兵違憲判決の意義、「恒久法」の危険性などについて

 これらを通して、組織の拡大も進めていこうと思っています。
 先日の革新・愛知の会の世話人会での成瀬さんの「今こそ革新懇の出番、情勢の展開から見れば取り組みのテンポを速めなければ」と力強く訴えられていました。その言葉に励まされてがんばりたいと思っています。

このページの先頭にもどる

携帯電話用QRコード
携帯対応について

更新情報RSS