県革新懇ニュース−平民の暮らし

【11.07.30】鵜飼稔さん(愛商連事務局長、革新・愛知の会代表世話人

鵜飼稔さん(愛商連事務局長、革新・愛知の会代表世話人

 愛知県が主導し43市町村が参加して、今年4月から県内を6つのブロックに分けて、地方税の「滞納整理機構」が設立されました。県と市町村が共同して徴収率の向上を図るため「滞納整理機構」は市町村民税と県税だけでなく、国民健康保税や固定資産税なども徴収の対象としました。社会保障の大きな柱である「国民健康保険」の滞納も、税の滞納と一緒に、強引な「財産調査」と「差押え」が始まっています。
 業者をはじめ高すぎる国保を払いきれない県民が、強引な徴収に悩み、各地の民商事務所に相談に訪れています。民商では、地方税法にもとづく徴収猶予や滞納処分の執行停止など、納税者の権利と暮らしを守る立場から、本人を交えて対策会議もひらいて、納得できる納税方法を認めさせるたたかいを始めています。

このページの先頭にもどる

携帯電話用QRコード
携帯対応について

更新情報RSS