県革新懇ニュース−多数派めざして

【12.02.07】浜岡原発は廃炉に、原発ゼロ・エネルギー政策転換で多数派に!―大村県知事と面談、医師・歯科医師の署名1152筆手渡す

西村秀一さん(愛知県保険医協会事務局長)

   東日本大震災による福島原発事故は、放射性物質の外部への放出を引き起こし、国民を不安に落とし入れています。全国で55基(もんじゅ含)にものぼる原発依存のエネルギー政策は、国策として振りまかれた「安全神話」を背景としたものでしたが、今回の福島原発事故で完全に崩れました。
 医師・歯科医師の団体である愛知県保険医協会では、事故発生後「最終処理技術が未確立な原発とは共存できない」との声が巻き起こり、直ちに「原子力発電に依存しないエネルギー政策への転換」「活断層の上に立地する浜岡原発の即時停止」を要求し、医師・歯科医師の署名と患者さんへの
署名に取り組みました。
 医師・歯科医師の署名は1152人にのぼり、昨年12月15日、大村愛知県知事と面談し連名署名として手渡しました。大村愛知県知事は浜岡原発の再稼動について「安全を確認することが第一だ」とし、「貴重なご意見をいただいたので、今後に生かしたい」と述べました。連名署名は愛知県知事の他、静岡県知事・中電社長・首相・経産相などにも提出しています。
また5月には922人の段階の連名で同様に提出していますが、この時には中部電力と直接懇談し手渡しました。この時はエネルギー・環境広報課長は「国民のいのちを預かる医師・歯科医師の署名は重く受け止める」と述べました。
また患者さんへの署名は、今年に入って1万筆を超えました。「めざそう原発ゼロ、自然エネに転換を」の缶バッジを3000個つくり、署名に取り組んでいる医師・歯科医師は、白衣にも付けて診察の機会に患者さんに協力を働きかけています。
 「原発からの撤退」に向けて取り組む政府の姿勢は、菅内閣から野田内閣に変わって明らかに逆行しています。停止中の原発の再稼働に反対し、再生可能なエネルギーへの転換などを求め、「原発ゼロ」をめざす多数派となるよう引き続き運動に取り組みます。

このページの先頭にもどる

携帯電話用QRコード
携帯対応について

更新情報RSS