革新懇って?

会則

(名称)

第1条 この会の名称は、「平和・民主・革新の日本をめざす愛知の会」(略称・・革新・愛知の会)とします。

(目的)

第2条 この会は、「国民が主人公」の政府をめざして、生活向上、民主主義、平和の3つの共同目標にもとづく共同をすすめることを目的とします。

(構成)

第3条 この会は、会の目的に賛同する個人、団体、地域及び職場の組織によって構成します。

(活動)

第4条 この会は、目的にそって次の活動をすすめます。

  1. この会は、全国革新懇と連携して活動します。
  2. シンポジウム・討論会・懇談会の開催、「全国革新懇、革新・愛知の会の出版物の普及と発行、講師の派遣など。
  3. 情勢の推移の中で必要な諸問題についての見解の発表、共同の活動の提起、推進。
  4. 各地域組織・職場組織、諸団体・個人の経験交流や必要な連絡協議。
  5. その他必要な諸活動。

(役員)

第5条 この会は、世話人、代表世話人、常任代表世話人、事務室長、事務室次長、会計監査、顧問をおきます。

(機関と運営)

第6条 この会におく機関と会運営の原則は次の通りとします。

  1. 会の「総会」は、年1回開催し、運動方針と役員選出、その他必要事項を決めます。
  2. 世話人会議は、年1回以上必要に応じて開催します。
  3. 代表世話人会は、会を代表し、随時開催します。
  4. 代表世話人会のもとに常任代表世話人会をおき、代表世話人会の確認の執行と情勢に機動的に対応します。

(事務室)

第7条 代表世話人会のもとに事務室をおき、日常業務をおこないます。

(財政)

第8条 この会の財政は会費、その他でまかないます。会費は、年間、団体1口5000円以上、個人2500円以上とします。

(財政)

第9条 会計年度は、11月1日から翌年の10月末日までとします。

(1980年5月21日確認。1994年3月19日改正。1995年12月2日改正。1997年12月20日改正。2001年12月8日改正 2015年12月5日改正。)

 

このページの先頭にもどる

携帯電話用QRコード
携帯対応について

更新情報RSS