革新懇の活動−青年ネット

【11.04.15】ごぶさたメールです―青年ネットの投稿より

愛労連・Rです

おはようございます。
おひさしぶりのメールです。

青年ネットスタッフからもしりぞきまして…
後を引きついだ0さんがみなさんもご存じの通り
奮闘していますので、しゃしゃり出るのはやめようと
遠慮していたのですが…

今回の大災害のような事態では、
思想・信条・性別等関係なく、みんなが力を合わせて復興に向かいます。
東京の高円寺では「原発反対」で1万人が集会をしたそうです。
労働組合でも1万人の人を集めるのはとても大変なのに、現在の状況がゆえですよね。

映像を見ましたが、本当にいろんな人(特に若者)が集まっていました。

私個人の思いですが、「緩やかなネットワーク」である青年ネットは、
いろんな思いを抱えている(さまざまな)人を一番引き寄せられる場所
ではないかと思っています。

私たち全労連・愛労連など、労働組合はその組織力をつかって、
現在、被災地へのボランティア派遣や支援金集めをしていますが、
今度、愛労連青年協の仲間を中心に、「震災支援チャリティーコンサート(仮称)」
をやろうと計画しているようです。

そうしたところにも協力したり、たとえば
「子どもでもわかる原発学習会」みたいなものをひらくというのはどうでしょう?
最近、国会で共産党議員が文部科学委員会で「小・中学生用のエネルギー副読本」を
配布している件を質問していました。
その副読本の中で「原発は安全」と言っていることが問題なのですが、
「安全」かどうかはともかく、その本を読んで、原発のしくみが大変よく分かりました。


今後、ますます原発問題が深刻化する中、正しい情報が送られないことに加え、
状況が理解されないまま報道が進むのは大変怖いことです。
青年ネットでも何かできるといいですよね。
長くなってすみません。

このページの先頭にもどる

携帯電話用QRコード
携帯対応について

更新情報RSS