革新懇の活動−革新・愛知の会の活動

【13.09.07】「安倍政権の暴走とどうたたかうか〜革新懇の役割は」山下芳生さんの講演−2013年世話人会

  いっそう自共対決が鮮明に

 今年5月の全国革新懇総会で代表世話人に選ばれた日本共産党の山下芳生参議院議員が、「安倍政権の暴走とどうたたかうか〜革新懇の役割は」と題して、記念講演を行いました。
 山下氏は、参議院選挙の結果、自共対決がよりいっそう明らかになり、日本共産党の役割と重みがいっそう重要になっていること。「来年4月からの消費税増税中止」の一点での共同を呼びかけ、憲法問題でも共同を広げる活動を旺盛に展開している。国会内と国会外の運動を大きく盛り上げ、安倍政権の暴走と対峙して大いに運動を進めようと話されました。
 また、草の根で平和、民主、革新の日本をめざして取り組んでいる革新懇の役割は重要であること、
 大いに力を合わせて頑張りましょう、と話されました。


  大いに勇気がわく

 参加者からは、「参議院選挙の躍進の意義とその後の新しい広がりが生まれていることに励まされ、今後革新懇を大いに広げていきたい」「すごく勇気付けられた。何をやるべきかはっきりした」「青年の雇用問題で安倍を追い込み、青年に展望を届けて運動する主体を増やしたい」「いろんな分野で草の根の運動が広がっていることを確信した」また、各地の革新懇の話も参考になったとの感想が寄せられました。

このページの先頭にもどる

携帯電話用QRコード
携帯対応について

更新情報RSS