県革新懇ニュース−文化のすすめ

【08.03.10】中村凡之さん(日本美術会)

日本アンデパンダン展に参加を!

毎年、開かれる日本アンデパンダン展(非審査・自由出品)が、今年で六一回目をむかえ、今回より六本木に設立された国立新美術館で開かれることになりました。(3月19日〜31日)
 アンデパンダンというのは、その昔一八八四年アンリールソーなどの呼びかけでパリで第一回展が開催されました。既成のあらゆる権威や名声、アカデミズムや商業主義の勢力に対峙して表現の自由と独立を高らかにうたいあげました。
 以来百年後の今も、日本アンデパンダン展は続いています。何よりも作家の批評精神と創造性を尊重する自由・平等の開かれた創作発表の場だからです。
 自立して創作活動をすることの厳しさはありますが、作家にとって時代をみすえてのテーマ・表現が自由に描けることの大切さを考えるときアンデパンダン展は素晴らしい発表の場だと思います。ぜひ参加を、
 そして消費を煽るゆがんだ文化でなく新しい価値ある文化を創り出していきましょう。
 自然と人間とあらゆる生き物たちを大切にする考え方の文化を!

このページの先頭にもどる

携帯電話用QRコード
携帯対応について

更新情報RSS