県革新懇ニュース−平民の暮らし

【17.10.10】榑松佐一(愛労連議長/革新・愛知の会代表世話人

 今回の総選挙でも巨大な詐欺事件が発生した。私の周辺にも何人かいるし、けっこう大物も「騙された」と言っていた。民主党の前原代表などは騙した側に入るし、連合の会長も主犯で言い訳はできない。
 2009年の民主党政権で「がっかり」したはずなのに、どうしてこうも「政権交代詐欺」にかかりやすいのか。小選挙区制で「与党にならなければ、陳情に応えられない」という議員や利益関係者が多いのだろう。また良心的からか、「とにかく安倍政権を倒してから」という市民も騙されたのだろう。
 しかし、この二年間の「市民と野党の共闘」は揺るがなかった。集団的自衛権の行使容認・武器輸出の解禁から始まった「戦争をする国」への大転換。秘密保護法、共謀罪法、戦争法の強行に反対し培ってきた共闘は市民からの信頼を強めてきた。
 この信頼こそがもっとも重要だ。時間はかかるが、変わるときには一気に変わるだろう。

このページの先頭にもどる

携帯電話用QRコード
携帯対応について

更新情報RSS