県革新懇ニュース−平民の暮らし

【18.02.10】田辺 準也(革新・愛知の会代表世話人)

 年明け、革新懇談の呼びかけで沖縄名護市長選挙の応援に行き逆に励まされて帰ってきた。「辺野古新基地建設は決して認めない」――沖縄の皆さんの強い決意は相次ぐ米軍ヘリ墜落の恐怖からだけではない。
 普通の暮らしを続けたい、当たり前の思いからであり、諦めない、のでなく諦められないと知ったことである。
 
 辺野古大浦湾の青い海、サンゴの間を煌めくように泳ぐ熱帯魚、この大自然を無残に破壊して進行する護岸工事、この理不尽、若し私の街だったら、と考える。
 推進派は、どうせできるのだからお金をもらったほうがいい、と働きかける。だが、私が出会った人には妥協しそうな人はいなかった。名護市長には建設にあたっておおきな権限があるようだ。だから、推進派も必死、改めて全国の応援、共闘の大切を思った。
 
 辺野古新基地は沖縄だけでなく、間違いなく日本の平和を脅かすもの、忘れてはならない。

このページの先頭にもどる

携帯電話用QRコード
携帯対応について

更新情報RSS