革新懇の活動−連続憲法講座

【09.08.11】連続憲法講座 7月11日、2009年第2回開催に121人参加

テーマ「金融化経済」の崩壊と今後 講師 大槻久志氏 

 大槻先生は、本名・年齢不詳ですが、知る人ぞ知る大経済学者です。金融危機がどのように生じたか、日本経済は今後どこに向かうべきかを熱っぽく話されました。「経済の基本は人を雇用することだ」と明言される大槻先生の立場は明快ですが、日本は、原材料・食料・飼料の輸入依存は免れえぬ条件であるため、輸出は維持せざるを得ないそうです。
 輸出のアメリカ市場依存を引き下げ、アジア諸国向けの輸出を拡大し、同時にアジア諸国からの輸入も拡大する。そのためには、東アジアの平和が必要ということを痛感しました。
      (福井悦子)

このページの先頭にもどる

携帯電話用QRコード
携帯対応について

更新情報RSS