革新懇の活動−2009年 3.19 辻井喬さんを迎えて「講演と音楽の夕べ」

【10.03.01】3.19辻井喬さんを迎えて「講演と音楽のゆうべ」

講演者 辻井喬さん(堤清二さん) 作家、詩人であり、日本の経済界のリーダー

   いよいよ、3月19日(金)革新・愛知の会 講演と音楽の夕べ」が近づいています。

 辻井喬さんは小説、詩の分野で優れた活動をされているだけでなく流通(小売)事業でセゾングループ(セイユー、西武デパート、プリンスホテルなど)のリーダーとして実績をあげられています。この両者の活動を通じて、日本の将来、日本経済の進むべき方向について確固とした展望を語っておられます。とりわけ、革新の立場(左翼の人々)に立つ人は運動を広げるためにどうしたらいいか(「言葉の力」)についても貴重な提言をされています。

 なお、当日、中日ドラゴンズ前社長の佐藤毅さんが激励にかけつけられ、「革新懇運動への期待」を語られます。

いま、平和・民主主義・暮らしの課題を実現する上で無党派、支持政党なしの人々との共同、革新懇運動への期待が広がっています。

 革新懇30周年行事でもあり、革新懇を知っていただく絶好のチャンスです。是非、参加者を広げましょう。

多くのかたのご参加を!!

3.19チラシ(表面)

裏面(辻井喬さんの紹介)チラシを参照下さい。
全国革新懇機関紙2009年11月号の視点に登場されています。

多くのかたにぜひ、ご参加を 

このページの先頭にもどる

携帯電話用QRコード
携帯対応について

更新情報RSS