県革新懇ニュース−わがまちの革新懇

【17.01.10】2017年 青年革新懇全国交流会ー30名参加をめざして

青年ネット愛知 都井 浩介さん

   2017年2月4日から5日、青年革新懇全国交流会IN京都(はんなリズム2017)が開催されます。2013年に第1回の全国交流会が広島で開催され、2015年5月には愛知県で第2回が開催されました。昨年の愛知の全国交流会には、全国から200人、愛知から100人をこえる青年が参加し、役者や宗教者など幅広い青年とともに共同の取り組みを行いました。 脱原発や奨学金の運動に参加してきた市民の方々とも共同を広げる取り組みとなりました。
 昨年愛知で開催された全国交流会以降、安保法案をめぐる国民的運動が広がり、SEALDsTOKAIやママの会など若者を中心とする市民運動がこの愛知でも大きく広がりました。
 その後も、AEQUITAS(エキタス)TOKAIなど最低賃金を引き上げる運動など、幅広い市民運動が広がり、7月の参議院選挙では4野党と市民連合を中心に多くの市民が選挙に関わる、画期的な流れが生まれています。 
 青年ネット愛知でも、憲法カフェや映画上映会など青年との共同を広げ、昨年の全国交流会で生まれた新たな結びつきも生かして取り組みを進めてきました。
 2017年の全国交流会はこの新しい画期的な流れの中で開かれます。青年ネット愛知では独自のツアーを計画し、30人の参加を目標に取り組んでいます。全国交流会を最大の節目にしながら、昨年生まれた新しい市民運動の方々から学び共同を広げるために、「沖縄」「学費・奨学金」「ブラック企業・ブラックバイト」「野党共闘」などをテーマに連続講座に取り組む予定です。
 多くの青年とつながり、青年革新懇全国交流会の成功に向けがんばる決意です。

このページの先頭にもどる

携帯電話用QRコード
携帯対応について

更新情報RSS