県革新懇ニュース−多数派めざして

【13.02.10】多数派めざして 外山孝司さん 「さよなら原発 明日につなげる大集会in愛知」実行委員長

大震災から2年つなげよう未来へ広げよう次の世代

   昨年、3・11原発反対の集会を愛知でやろうとの話が持ち上がり、より広い市民が集まる場にしたいとの思いで、一市民という立場で実行委員長を引き受けました。

 昨年の3・11集会以降、若者や市民の人たちの運動が大きく広がり、関西電力前行動や月一デモ、ツイッターデモなどに参加している人たちや、NGOで活動している人たちとの関係もできて、今年は昨年よりもさらに幅広い人たちが実行委員会に参加するようになりました。

 今年は3月3日(日)午前10時から久屋市民広場を中心にして集会を行い、15時からパレードに出発します。
 
 メインステージのゲストは、山本太郎さん、増山麗奈さん、アーサービナードさん。サブステージでは若者たちのライブ演奏などなど。

 今年の集会の特徴は、一過性の集会ではなく、息の長い活動が必要だということで、いくつかのテーマを設定し、できればそのテーマで準備に関わった人たちがそのネットワークを生かして引き続き活動がすすめられる切っ掛けになればと期待しています。

 食品と放射能汚染を考えるブース、市民が決めるエネルギーブース、(被災者・避難者のみなさんとの)心&心交流ブース、親子で遊ぶブースやフリーマケットブースなどなど、実行委員会の人たちが分担して、各ブースの企画準備をすすめている真っ最中ですが、こんな活動を通してより多くの人たちが繋がればいいかなあと思います。

 昨年は、呼びかけ人を30代の人たちにして、次の世代を担う若い人たちを前面に出して取り組みました。今年も若い人たちが最大限力を発揮できるように取り組んでいますが、革新懇に参加している人たちにも是非力を貸していただき、若い人たちにもっともっと元気を与えたいです。
 3月3日(日)は、若い人たちや子育て中のお母さん、そして年配の人たちも、団体・労働組合の皆さんも、一緒に楽しくパレードしましょう。

このページの先頭にもどる

携帯電話用QRコード
携帯対応について

更新情報RSS